貯蓄額の「平均」を知りたがる人はいつまでも貯蓄できない

公開日: 更新日:

 老後2000万円問題をきっかけに貯蓄に関する記事も増えたが、お金を貯めようと考えた時、多くの人が“貯める目安”を知りたがる。「自分の年齢では、どのくらい貯蓄があるのが平均なのだろうか」と。ところが実際に「40代の貯蓄平均額は約1000万円」などと聞くと、「そんなには貯められない、高給取りじゃないんだから」とムッとし、貯蓄欲までしぼんでしまう。

 平均値を知ることは意味がない。人によって稼いでいる額も違えば、毎月かかる支出の額も違う。モデルケースはあったとしても、あなたの家計が、それにぴったり当てはまることはあり得ない。平均値を知りたがることはナンセンス、いや、場合によっては逆効果にもなると言っていい。

 貯めたいなら、平均値を知る前に我が家の現実を直視することが最も大事だ。貯められない人には自分が使っている金額を直視したくない傾向がある。自分がいくら使っていて、それが収入に対して赤字なのか黒字なのか。それを知らないまま「自分の年齢の平均貯蓄額」を目指しても、そこに至る道は見えてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る