“タマネギ男”に“ナッツ姫” 韓国あだ名センスはなぜソフト

公開日: 更新日:

 娘の大学不正入試など、むいてもむいても疑惑が出てくることから、付いたあだ名が「タマネギ男」。韓国の文在寅大統領の最側近で、次期法相候補の曺国の話だが、どうも黒柳徹子と結び付けてしまうからか、何だか、かわいらしい気もしてくる。

 日本で「疑惑」と聞けば、「疑惑の総合商社」を思い出すが、こちらの方が毒々しいだろう。

 政治家などの有名人にあだ名は付き物。菅官房長官は「令和」の元号を発表したことで、SNS上では「令和おじさん」なんて呼ばれていたりする。「平成おじさん」の故・小渕恵三元首相と同じパターンだ。

「田中角栄元首相は『コンピューター付きブルドーザー』『今太閤』『闇将軍』など、その時々であだ名がありました。2012年に亡くなった『ハマコー』こと自民党の浜田幸一氏も、からかい半分、親しみ半分で『政界の暴れん坊』とも呼ばれていましたが、今は、あだ名を付けたくなるようなアクの強い政治家が見当たらない。『蜃気楼』『宇宙人』『ミスター年金』など、政治家のあだ名はいろいろありましたが、最近はスキャンダル発が多い。誰とは言いませんが、『モナ男』なんて、その典型でしょう」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る