猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

本物の「日本の掛け軸」は蔵の押し入れには眠っていない

公開日: 更新日:

「掛け軸って中身より箱が大事?」と聞かれるが、これはあくまでもセットであることが大事だ。古ければ古いほど箱は重要で、そこにはいろいろな情報が詰まっている。

 例えば「箱書き」。本人の箱書きか? 弟子や遺族の箱書きか? または所有していた人の箱書きか? それぞれ意味が違う。また「極め」は、紙に書かれた鑑定書のような物で、これも誰が極めを書いているかが重要になる。ちなみに「極めつき」の言葉は、ここから発している。

 ただ、箱書きも極めにしても、これを捏造している場合も多い。我々はこれを「仕込み物」と呼ぶ。そのため、今重要視されるのは、「所載品」であるかどうかになる。「所載品」とは、展覧会に展示された記録があったり、画集で紹介されている作品のことをいう。所載品は、研究者や学芸員のお墨付きを得ているということで、信憑性が高く、市場評価も高い。紹介されている件数が多ければ多いほど価値は高く、いわゆる箔が付くことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る