猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

棟方志功と安川電機レプリカ

公開日: 更新日:

 JR新青森駅構内には棟方志功の代表作「釈迦十大弟子」のレプリカが展示されている。レプリカといっても原寸大。志功の最高傑作であり、木版画の世界最高峰だけに存在感はある。

 私も志功の作品に触れることは多いが、そのたびに魅力が増していく。独自性、世界観、完成度、入魂感……いや何か言葉を並べても追いつかない。志功は仏教の世界を軸にしていると思うが、「私はゴッホになりたい」とも言う。志功は一体何を考えているんだろう? 書いた文を読んでみても、謙虚、律義、無垢と腑に落ちない。

 志功全集に序文を書いた保田與重郎は、志功を「不知不識即仏」と評した。いわゆる「知らぬが仏」だが、このニュアンスを説明するのは難しい。「知らぬが仏」は、本当のことを聞いていないから笑っていられるというような使い方をされるが、少し意味が違うようだ。ここで言う「知らぬが仏」は、“本人は全く自覚がないけれど、その自覚がないが故に仏なんですよ”みたいな意味のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る