猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

掛け軸はほとんど偽物と思え 特に古ければ古いほど多い

公開日: 更新日:

「掛け軸ってほとんど偽物?」って聞かれることがある。確かに偽物は多い。特に古ければ古いほど多い。明治以前の掛け軸を我々は「古画」と呼んでいるが、有名な絵師ほど偽物ばかりだ。

 谷文晁(1763~1840)に至っては、「オバケと文晁は見たことがない」とさえ言われている。円山応挙、渡辺崋山、田能村竹田もほとんどが偽物だ。

 偽物が多くある要因のひとつに、明治に入って身分制度がなくなり、お殿様や豪商しか持てなかった掛け軸の需要が一気に高まり、さまざまな偽物の掛け軸が生産されたことがあげられる。男たちのプライドを象徴する物が、高級車や時計などない時代には床の間に飾る掛け軸に託されていた。

 例えば西郷隆盛の書は本物が100本に1本といわれるが、それを眺めながら明治維新に思いを馳せていた人もいただろう。それは不幸なのか幸せなのかわからない。その人にとって本質的には本物であれ偽物であれ関係がないこともある。信じている以上、偽物として手放す可能性は極めて低く、本人は一生本物として楽しめる。亡くなった後に遺族によって判明するということだ。

 もちろん本物の掛け軸も存在する。箱書きや伝来、来歴が大事になる。それは次回に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る