藤北誠也さん<4>ファイトマネーよりバイト代の方が多い

公開日: 更新日:

 ミスゼロルールを達成し、2012年9月に日産プリンス東京販売を辞める決意を固めたが、そうすると、月15万円前後の安い月給とはいえ、収入が途絶える。生活する上で無収入は痛い。貯金の準備をしていた。

「当時のチーフトレーナーが、ジムに通っていた電器店のオーナーを紹介してくださったんです。『オマエ、カネを貯めたいんだろ。バイトしてみないか』と。給料がよくて、日当8000円。辞める前は、仕事がないときだけバイトさせてもらって、辞めてから週に3日。これは助かりましたね」

 上京するキッカケをつくったのは、「一度は地元を離れて経験を積め」という父の一言だった。会社を辞めるにあたって、両親への報告も必要だろう。

「まず電話しましたが、もちろん大反対でした。『オマエ、何を考えてんだ』と。議論は噛み合わず、『聞いてもらえないなら、勘当だ』となぜか息子が親を勘当するということを言い出したら、母が折れて、『とりあえず一度、奈良に戻ってきなさい』と実家で両親と向き合って話をしたら、納得してもらえました。でも、大反対されたことで、かえってボクシングへの気持ちが固まったと思います。最初から『いいよ、いいよ』と応援されたら、『負けたら、戻ってくればいい』と軽い気持ちになってしまうでしょうから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る