夫婦で「お金の話を避ける」と財産が貯まらない理由とは?

公開日: 更新日:

 このときちょっとした口論になったそうだ。将来、子供が生まれ、家を買い、教育資金を貯め、共に老後を迎える。それが夫婦の共通認識だと思っていたが、そうではなかったからだ。秋本家の家計を“見える化”しておかなかったことは痛恨の極みだったという。

 では、貯まる夫婦になるには、どんな点に気を付ければいいのか。大事なことは次の2つだ。

 まず、夫と妻の「収入・支出・貯蓄額」を互いに明らかにすること。このとき共通の貯蓄口座をつくると便利だ。家計と資産を把握することで、次のステップである“貯め方”が見えてくる。

 貯め方を見えるようにするには、ライフプランの共有が重要だ。「何のために・いつ・いくら」お金が必要かを決める。ライフプランを共有すれば、おのずと貯蓄の目標額が決まる。あとは半年に1回程度、例えば、ボーナス時期にお金の話をすればよい。

 共働きでなくても、定期的に、夫婦がお金や貯蓄の話をすることは極めて重要だ。増える貯蓄は、夫婦が協力し合って初めて実現する。このことを肝に銘じて、さっそく夫婦でお金に向き合う話し合いを持とう。

(経済ジャーナリスト・山下知志)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る