石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

スタートアップは慢性的な広報不足 自分の能力を2社で発揮

公開日: 更新日:

 ユーザベースのグループ会社ジャパンベンチャーリサーチは、2018年の国内スタートアップの資金総調達額が3848億円と発表した。過去からの推移を見てみると、調査を開始した09年は737億円、14年は1419億円と投資額は確実に大きくなっている。投資対象となっている企業はテクノロジーを使った新しいサービスを開発しているところがほとんどだ。シェアリングエコノミー、FinTech、HealthTech、AI、バイオなど。このような会社の経営陣にはエンジニアが多いが、そこで不足しているのは、なんと、経験のある広報担当者だという。

「いま東京ではスタートアップやベンチャーの起業が増えていますが、どこも人材の確保が課題となっています。上手にメディアを使って企業の取り組みやサービスを訴求したところは良い人材が集まりやすくなるのですが、戦略的に広報活動ができているスタートアップは少ないですね。単純に広報の人手不足が原因だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る