田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「千駄ヶ谷の受け師」「おじさん棋士」の悲願の初タイトル

公開日: 更新日:

 木村は後年に「棋士はいいです。負けてもほかの棋戦があります。三段は三段リーグだけです」と、奨励会時代の閉塞した苦しさを語った。それに比べれば、タイトル戦での敗退は大したことではない、と思っていたようだ。そして、7回目の挑戦となる今年の王位戦で願いをかなえた。

 近年のタイトル戦に登場する棋士は、「羽生世代」と呼ばれる40代の棋士以外は、大半が20代と30代。そんな状況で、木村の大活躍は驚くばかりだ。今春には順位戦で、A級に8期ぶりに返り咲いた。王位戦の挑戦者決定戦では、苦杯を喫してきた羽生九段に勝った。

 木村は、相手の攻めを呼び込む棋風から「千駄ケ谷の受け師」の異名があり、自ら「おじさん棋士」と称する。また、ユーモアあふれる解説はファンに人気が高い。実は、奨励会時代に進学した大学で映画サークルに入り、自主映画に出演したという。そんな意外な体験が生きているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  6. 6

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  7. 7

    追加負担は3000億円 延期五輪は“金欠”東京都の独り負けに

  8. 8

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  9. 9

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  10. 10

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

もっと見る