子育てでつらい時…コーヒーとドーナツの親切が心に染みた

公開日: 更新日:

 そんな時に見知らぬ人から親切にされ、心の中で“何か”が切れた。病院に行くまで、涙が止まらなかったという。

 グウェニベアさんは、いつか親切な警察官に、自分の気持ちが届くことを期待し、フェイスブックに感謝の念をつづった記事を投稿した。

「けさ7時40分ごろ、ピッツフィールド(メーン州)のダンキンのドライブスルーで私のコーヒーのお金を払ってくださった州警察の方へ」

「あなたが支払ってくれた4ドルの親切は、本当に深い意味がありました。病院に着くまで涙が止まりませんでした」

 そして娘の病気などの事情を説明した後、こう続けた。

「ここ2、3日、つらい日が続いていました。コーヒー、ありがとうございました。あなたの地域社会への奉仕と、私たちの安全を守ってくださっていることに感謝いたします」

 この投稿は共感を呼んで急拡散。10月4日時点で3000以上の「いいね!」が押され、約4500人が記事をシェアしている。地元メディアなどもこの話を取り上げているので、そう遠くないうちに、グウェニベアさんの感謝の気持ちが、見知らぬ親切な警察官に届くかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  6. 6

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  7. 7

    追加負担は3000億円 延期五輪は“金欠”東京都の独り負けに

  8. 8

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  9. 9

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  10. 10

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

もっと見る