問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

公開日: 更新日:

 40歳以上を対象にした早期退職募集に踏み切る企業が増えている。業績が好調でも人員整理は待ったなし。脂が乗ってきた働き盛りもスリム化のターゲットだ。「それなら辞めて次を探そう」と考えるサラリーマンも少なくないかもしれない。果たして、その選択は正しいのだろうか。

 ◇  ◇  ◇

 早期退職募集に応じるメリットは退職金の割り増しだ。給与水準が同程度の働き口が見つかれば、上乗せされた分だけ得をすることになる。

 その額は会社によってまちまちだ。たとえばファイザー日本法人は年収ベースで4年分以上を支給すると一部で報じられた。3年以内に競合会社に転職した場合は返還しなければならないそうだが、なかなかの太っ腹である。バカにできない金額だ。

「これまでに最も手厚かったのも、かつて伊藤忠商事が実施した年収4年分の上乗せです。当時は1億円超の一時金を手にする人もいました。現在の相場は年収2年分ぐらいのプラスです」(立命館大教授・西山昭彦氏=人材育成論)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る