絶好調キリンHDが退職者募集 好況時リストラの最大の目的

公開日: 更新日:

 あすは我が身か――。

 本麒麟の大ヒットなどで昨年、過去最高益を更新したキリンホールディングス(HD)。絶好調企業のひとつだが、先月末、経済誌「週刊ダイヤモンド」のネット版に「キリンが早期退職を実施――」との記事が掲載され、注目を集めている。業績好調、従業員3万人の大企業でいったい、何が起きているのか?

 記事の概要はこうだ。「キリンHDと傘下のキリンビール」が、「45歳以上の社員を対象」に、「早期退職の募集を行う」ことが分かったとし、「10月1日から受け付けを開始し――」とセンセーショナルに続く。

 すわ、リストラか。誰もがそう思う流れだが、当事者のキリンHD側のコメントはない。事の真偽を確認すると――。

「弊社では90年代からセカンドキャリア制度がありました。45歳以上の管理職を対象に、退職の際の就職支援サポートをしたり、退職金の割り増しをする制度です。また、いま弊社では長期経営計画に基づき社内改革を起こそうとしています。その一環として今回、今まで以上に“経営職”の方々の役割が増えるので“新しいキャリアの選択を希望する場合は、先の制度のサポートを拡充しますよ”ということ。経営職というのは、いわゆる45歳以上の管理職。希望する方は、10月1日から11月までに応募してくださいとしております」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る