AI時代だからこそ重宝される 資格・趣味・スキルの選び方

公開日: 更新日:

「今年こそ!」とは思う。資格を取ったり、趣味を持ちたいとは考える。でも、何を? だから正月は、通信講座の新聞広告やテレビCMが“踊る”のだろう。

 ちなみに、生涯学習のユーキャンの人気講座年間ランキングトップ30によると、1位は、病院・医院でレセプト作成業務や受付などを行う「医療事務」。

 以下、②調剤薬局事務③食生活アドバイザー④登録販売者⑤ファイナンシャルプランナー⑥マイクロソフト オフィス スペシャリスト⑦実用ボールペン字⑧保育士⑨簿記3級⑩宅地建物取引士――と続く。

「資格がある=専門知識があるということはもちろんですが、資格を取得するまでの努力を払えるということを測る目安にもなります。ですので、資格があるに越したことはありませんが、ただ、最難関資格である医師ですら、今後は一部AIに取って代わられるといわれている。努力は認めてもらえるでしょうが、5年後、10年後、その資格自体が役に立つかとなると話は別です」(大手メーカー人事担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る