300km離れた場所に! 客が忘れた鍵を届けた親切すぎる店長

公開日: 更新日:

 助けることができるなら、他人を助けなさい--そう言われても、なかなか無償の援助は難しい。でも、この人はまさにそれを実行した。

 米CBSテレビ系の番組「インサイド・エディション」(11月21日付電子版)などによると、ダイアナ・チョングさん(写真右)は先日、ニューヨーク州ロングアイランドのベーグルショップ「ベーグル101」に立ち寄った。車で3時間半ほどかかるペンシルベニアの友人の家に行く前に、朝食を買いに来たのだ。

 そして友人宅の前に着き、車のエンジンを切ってから、自分が致命的なミスを犯していることに気づいた。

 ベーグル101のカウンターに車のキーを置き忘れている……!

 ダイアナさんの車はEVで、携帯電子キーを使用。車には夫と子供が同乗していて、キーなしで車をスタートした。だが友人宅前でエンジンを切ったので、キーがないと車を再始動できない状況になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る