プラゴミのリサイクル革命!始まりはペットボトルのカヌー

公開日: 更新日:

 写真のカヌーにご注目。これ、船体が全部、ゴミとして捨てられていたペットボトルでできている。中部アフリカのカメルーンで1人の青年が始めたリサイクル運動が注目を集めている。

 米ニュースサイトGNN(11月22日付)などによると、イシュマエル・エボネさんが捨てられたペットボトルでカヌーを作ろうと思いついたのは2011年のこと。

 凄まじい雷雨に見舞われ、避難していたイシュマエルさんの目の前で、数本のペットボトルが氾濫した水に浮かびながら流されていった。

 そうだ、ペットボトルでカヌーを作ってみよう……。

 イシュマエルさんは街中からペットボトルを集めてカヌーを制作したところ、いい感じに海に浮いた。

 イシュマエルさんはすぐに持ち金を全て投入し、釣り船がなくて困っている漁師や観光業者にペットボトルのカヌーを提供する非営利の慈善団体「マディバ&ネイチャー」を設立した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    弁護士・三輪記子さんは“浮気率6割” 独身時5人交際し3人と

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る