プラゴミのリサイクル革命!始まりはペットボトルのカヌー

公開日: 更新日:

 写真のカヌーにご注目。これ、船体が全部、ゴミとして捨てられていたペットボトルでできている。中部アフリカのカメルーンで1人の青年が始めたリサイクル運動が注目を集めている。

 米ニュースサイトGNN(11月22日付)などによると、イシュマエル・エボネさんが捨てられたペットボトルでカヌーを作ろうと思いついたのは2011年のこと。

 凄まじい雷雨に見舞われ、避難していたイシュマエルさんの目の前で、数本のペットボトルが氾濫した水に浮かびながら流されていった。

 そうだ、ペットボトルでカヌーを作ってみよう……。

 イシュマエルさんは街中からペットボトルを集めてカヌーを制作したところ、いい感じに海に浮いた。

 イシュマエルさんはすぐに持ち金を全て投入し、釣り船がなくて困っている漁師や観光業者にペットボトルのカヌーを提供する非営利の慈善団体「マディバ&ネイチャー」を設立した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る