山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】夫が明るい色や柄の服を好んで着たら悪いのか?

公開日: 更新日:

 昨年還暦を迎え、息子に赤いネルシャツをプレゼントされた。それまでスーツは紺やグレーばかりで、ハデかなと思ったが、恥ずかしながらも袖を通して、なじみの飲み屋に出掛けた。すると、「似合ってる」と思いのほか評判がよく、うれしかった。

 それからというもの明るい色や柄の服を選ぶように。自分でも気持ちが若返った気がするし、会社での受けもいい。ところが、妻は「なにを若ぶって」とどういうわけか機嫌が悪い。夫が明るい服を着て悪いのか?

 ◇  ◇  ◇

 色に対する社会の評価・常識は、1950年代までと以降とでは、根底から変化している。たとえば「赤色」。わたしの小学生時代、男児が赤いセーターでも着ようものなら。「おんしゃあ、おんなになっちゅうがか!」と、仲間に攻撃された。「おまえ、おんなか!」の、土佐弁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  6. 6

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  10. 10

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る