嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

地元の思い出と噛み締める水餃子「哈尓濱(ハルビン)」

公開日: 更新日:

 僕が生まれ育った大阪府茨木市のJR茨木駅のすぐ近くに、水餃子がおいしい哈尓濱(ハルビン)はある。チャリンコに乗って自宅から母校春日丘高校へ通う途中の路地に1983年に開店した。偶然にも僕がレコードデビューした年で、ともに36年間歩んできた。

 初代のおっちゃんは戦時中に10代で旧満州に渡り、炭鉱で働きながら炊事係をされていた。その時に食べた水餃子の味がずっと忘れられず、大手建材会社を56歳で早期退職して念願の店をオープンさせた。地元で評判となり、僕も早々に常連になった。

 寡黙なおっちゃんとは裏腹に、ともにカウンターの中に立つおばちゃんは豪快かつにこやかで、紫色に染めた髪の毛が印象的だった。うかがうたびに、はよ結婚しーや! と、ずっと言われ続けた。誕生日にはいつもケーキで祝ってくれたし、市民会館でコンサートをした時は係の人に「美女が来た、と嘉門ちゃんに伝えて!」と言って、楽屋に花束を抱えて来てくれたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る