嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

地元の思い出と噛み締める水餃子「哈尓濱(ハルビン)」

公開日: 更新日:

 僕が生まれ育った大阪府茨木市のJR茨木駅のすぐ近くに、水餃子がおいしい哈尓濱(ハルビン)はある。チャリンコに乗って自宅から母校春日丘高校へ通う途中の路地に1983年に開店した。偶然にも僕がレコードデビューした年で、ともに36年間歩んできた。

 初代のおっちゃんは戦時中に10代で旧満州に渡り、炭鉱で働きながら炊事係をされていた。その時に食べた水餃子の味がずっと忘れられず、大手建材会社を56歳で早期退職して念願の店をオープンさせた。地元で評判となり、僕も早々に常連になった。

 寡黙なおっちゃんとは裏腹に、ともにカウンターの中に立つおばちゃんは豪快かつにこやかで、紫色に染めた髪の毛が印象的だった。うかがうたびに、はよ結婚しーや! と、ずっと言われ続けた。誕生日にはいつもケーキで祝ってくれたし、市民会館でコンサートをした時は係の人に「美女が来た、と嘉門ちゃんに伝えて!」と言って、楽屋に花束を抱えて来てくれたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る