嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

満を持して博多に「食事セゾンドール」で味わう熟練の仕事

公開日: 更新日:

 博多に移転して、もうすぐ4年になる。その前は唐津市呼子にあった。いかしゅうまい発祥の店「海中魚処 萬坊」への桟橋を渡る手前にたたずむ、かわいいレストランだった。

 10年ほど前に初めてうかがって以来、前山仁シェフのファンになり、唐津に宿を取って何度も出掛けた。同世代だからか話が合い、遅くまでワインを飲んで食について語り合ったりもした。盛り上がり過ぎて酩酊し、宿に転がり帰ったこともある。ずっと佐賀県の地産地消にこだわってやってこられたが、博多に移ってからは、さらに食材の範囲を九州全土に広げての力強い展開をされている。

 ご両親は呼子の学校の先生で、子供の頃からおいしいものを食べさせてもらえる環境で育った。高専に進むが、勉強には背を向ける日々。中退後、親戚が経営する洋食屋を手伝う中で料理の道に進もうと決めた。ならば修業せねばと、24歳の時からバブル最盛期の下関・シーモールパレスの宴会場で超多忙な8年間を過ごす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る