【蕎麦味噌と季節の野菜スティック】蕎麦の実の食感にニヤリ

公開日: 更新日:

フルール ド サラザン(東京・西浅草)

 蕎麦がくる前に一杯やりながら香ばしく焦げた焼き味噌でチビチビと……なんて蕎麦屋の楽しみが、我が家でも実現できる頼もしい一品。

「使う味噌の種類によって砂糖の量は加減してください。レシピは作りやすい最小単位の分量ですが、2、3カ月は日持ちするので、多めに作っておくのはいかがでしょう? 煮沸した保存容器で落としラップをして冷蔵庫に常備しておけば、晩酌の強い味方になるはずです」と、玉越さん。

 しかも、マヨネーズや生クリームでのばせば、簡単アレンジディップに早変わり。発酵食品である味噌を使ったこのダンツマには、スターキングデリシャスなど4種類のリンゴをブレンドして造った奥行きと深みのある「増毛シードル」(北海道)辛口タイプの0073を合わせたい。

《材料》
・お好みの季節野菜

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  4. 4

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る