【あさりのシードル蒸し】定番なのにちょっぴり新鮮

公開日: 更新日:

 飲み助が“汁物”にうるさいとはよくいわれた話だが、あさりの酒蒸しをシードルで作るとどうなるか。原材料であるりんごが持つ自然の甘味と酸味が貝のうま味を引き出し、赤ちょうちんメニューが、ちょっぴりしゃれた一品になる。日本酒や焼酎より、同じ果実酒であるワインとの相性も抜群だ。

 使うシードルはコンビニでも売っているリーズナブルなもので十分。普通に飲むと物足りなさを感じるが、料理酒として、いい仕事をしてくれる。

「ブルターニュ地方ではムール貝のシードル蒸しが主流で、山盛りのフライドポテトと一緒に味わうのがスタンダード。もちろん、ポテトを添えてもいいですが、フランスパンなどを残り汁に浸しながら食べるのもオススメです」(玉越さん)

 抜群に合う国産クラフトシードルは、ふじをベースにグラニースミスをブレンドして造られた「カモシカシードル」(長野)のトロワ・ジェムで決まり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  6. 6

    安倍首相と小池都知事がリーダーだと頭が混乱してしまう

  7. 7

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  8. 8

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  9. 9

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  10. 10

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

もっと見る