外国人の日本みやげに大人気「花色鉛筆」が誕生するまで

公開日: 更新日:

「花色鉛筆」という一風変わった色鉛筆が、外国人旅行者の日本みやげとしてウケている。日本の伝統的な花の色を再現したその色鉛筆は、芯だけでなく全体が桜や紅梅、たんぽぽの色をしている。そのため削りカスが、まるで本物の花びらのように見えるのだ。しかも原料には、製紙工程で出る紙のクズが使われている。環境に優しい、日本らしいおみやげとして、2016年の発売以来、約20万本が売れるヒット商品になった。

 この色鉛筆、生まれた場所もユニークだ。ネットサービス「トリナス」は、企業が生かし切れていない素材や技術の活用法をサイト上で公募。あらかじめ登録したクリエーターがアイデアを投稿し、採用されれば製品化への道が開ける。自社技術の活用に悩む中小企業と、売り出し中クリエーターのコラボで、オシャレな日本みやげは誕生した。

 花色鉛筆に使われているのは、環境経営総合研究所という中小企業が開発した「マプカ」という素材。製紙工程で出る紙のクズと合成樹脂を混ぜたもので、プラスチックの代替品として、くしやカップなどに使われていた。「もっと素材の特徴を生かしたヒット商品を生み出したいと、アイデアを募ることになりました」と、花色鉛筆の販売も手掛けるトリナスの代表取締役・佐藤真矢氏は話す。

 14年、オープンしたばかりのトリナス上で公募を始めると、約140件のアイデアが集まり、プロダクトデザイナーの大友敏弘氏の花色鉛筆が採用された。大友氏は賞金10万円を獲得し、商品売り上げの一定割合がロイヤルティーとして、年間で数十万円支払われているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る