石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

本業は弁護士 ユーチューバー・闇弁タケシ誕生のきっかけ

公開日: 更新日:

 知識と経験のある岡野さんの解説は分かりやすく、テレビと同じようにフリップも使って解説をしてくれる。各動画は10分程度で、話題はそれることなくピンポイントで、見ていて飽きない。

 岡野さんに、ユーチューバーになったきっかけを聞いた。

「配信の面白さを体感したのは2018年ごろでした。事務所の暑気払いや新年会用の余興としてユーチューブ風の動画を披露したんです。はやりのユーチューブっぽくテロップを入れて、リズミカルに編集しました。それが反応が良かったんです。そもそも本業の法律事務所がウェブを戦略的に使って集客をしてきたので、ユーチューブに流れが来ているとも感じました。いまはグーグル検索の熱量は下がり、ソーシャルメディアに熱量が流れています。インスタやフェイスブックは主にクールさやカッコよさをシェアする媒体なので、法律事務所の仕事との相性を考えると、社会的なネタを扱いやすいユーチューブがいいんですよね」(岡野さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る