企業が取り入れ始めた「ニューロマーケティング」って何?

公開日: 更新日:

 AIなどテクノロジーの著しい進歩。令和2年は「ニューロマーケティング」という言葉に注目が集まりそうだ。脳波などで人の心の動きを測定し、その結果をマーケティングに生かす手法のことで、要は「無意識の見える化」だ。

 例えば開発した商品が消費者に好まれるのかを知りたい時、今まではアンケートなど主観的な調査方法しかなかったが、ニューロマーケティングだと、脳波などで無意識下の反応を客観的に把握できるので、より「正直な気持ち」が分かる。

 アメリカで15年ほど前に生まれ、日本ではここ数年、取り入れる企業が現れ始めた。例えば「サイゼリヤ」では、脳波測定とアイトラッキングを組み合わせて、客がメニューを決める時の気持ちの動きを計測。より注文しやすいメニューブック作りに役立てる。

「アサヒビール」は缶チューハイのパッケージリニューアルにあたり、人がどの部分に注目し、どう感じているのかをチェック。新デザインの決定に生かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る