小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<27>こだわりが集約された話題の宝庫「ネクタイ」を糸口に

公開日: 更新日:

 初対面の人にインタビューする際、会話の糸口に使うテッパンネタは「ネクタイ」でした。「なーんだ、ネクタイか」と思われるかもしれません。でも、男性のネクタイには、その人のストーリーやこだわりが秘められていることが多いですね。切り込み隊長としての効果は抜群で、相手の方の本質に迫るような雑談ネタに大化けすることがあるのです。

 キャスター業を通じて延べ1700人のゲストにインタビューをしてきました。初対面の人の心をつかんで興味深い話を引き出すために、試行錯誤を重ねるうち、特に年配の男性や社会的地位が高いゲストを迎えたときは、「ネクタイ」で会話が弾む確率が高いことに気づいたのです。

「くまモン」「スター・ウォーズ」「歴代米大統領の似顔絵ネクタイ」……。目に留め、会話のきっかけにしたネクタイは、いったいどれくらいあったことか。「会社のブランドカラーと同じ色に決めている」と強調する企業経営者は少なくありませんし、実際、大手金融機関の頭取もバッチリ自社のカラーを身に着けていました。ネクタイは、男性のこだわりが集約されやすい持ち物の代表で、話題の宝庫なのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る