シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

SARSの教訓を生かした米国の新型コロナウイルス対策

公開日: 更新日:

 中国・武漢が感染源とみられ、世界的な流行が懸念される新型コロナウイルスによる疾患は、今月21日にアメリカ国内でも初めての患者の発生が報道され、一気に緊張が高まりました。

 日本では「新型肺炎」と呼ばれる新型コロナウイルスによる疾患は、アメリカではこの原稿を書いている22日現在、「SARSに似た呼吸器疾患で、症状はインフルエンザや肺炎に似ている」と表現されています。

 米疾病予防センターでは2002年に世界的に大流行したSARSの教訓を生かそうと、いち早く主要な国際空港で旅客のスクリーニングを開始しました。

 まずサンフランシスコ国際空港、ロサンゼルス国際空港、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港の3つの空港でスタートし、すぐにシカゴ、アトランタにも拡大。武漢からの旅客はすべてこの5つの空港から入国するようコントロールし、到着旅客に対し検温などの検査を行ってきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る