「鉛温泉」岩手県花巻市 “包まれてる”立ち湯の水圧を実感

公開日: 更新日:

 天然の岩をくりぬいて造った楕円形の湯船に身を沈めると、まずはその深さに驚く。立った状態で身長170センチの筆者の肩甲骨辺りまで湯面が来た。正式には125センチ。だから湯量も相当なものがあるはずで、その水圧は一般的な浅い湯船のそれとは比較にならない。ズシーンと体の芯に響くというか、“包まれている感”がハンパない。

 泉質は弱アルカリ性単純温泉で、加熱も加水もしない本物の源泉かけ流し。それが足元からこんこんと湧き出てくる。大地のパワーを一身に受け止めている気分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る