パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

公開日: 更新日:

人ごみに行ったときは手袋を

 やむを得ず人混みに行った際は、帰宅後は手洗いのほかにアルコール消毒をする。次亜塩素酸ナトリウム(1000ppm)も有効。これは「キッチンハイター」などの家庭用除菌剤のことで、250倍に薄めたものを玄関や洗面台、台所に置いておこう。

 また、室内の場合、テレビのリモコンやドアノブ、スイッチなどを介して感染する可能性を指摘されている。ペーパータオルやキッチンペーパーなどでその都度、拭いておくと安心だ。ウイルス学が専門の中原英臣氏(医学博士)が言う。

「使い捨てがベストですが、乾いたタオルで拭いた場合は、使用後に洗濯機に入れる前に10分程度熱湯に浸してください。衣類も同じで、劇場や講演会など多数の人に会ったときは熱湯消毒してから洗濯すると滅菌できます」

 中原氏はマスクによる予防よりも、素手で公共物を触ることを懸念する。電車やバスのつり革、エレベーターのボタンなどは不特定多数の人が触れているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る