嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

兄弟弟子の押尾コータローさん ギターと食でつながる関係

公開日: 更新日:

 ギタリストの押尾コータローさんと食事をする機会が増えている。初めてイベントで一緒になってから15年ほど経ち、昨年末の僕の還暦コンサートにも超絶技巧で花を添えてくれた。

 2015年に万博記念公園で行われた毎日放送ラジオの公開イベントでは彼の代表作「翼~you are the HERO~」に僕が歌詞を付けて「太陽の塔のテーマ」として歌った。その際は関西焼き肉界の女王の通称いかりんも居合わせていて、それをキッカケに彼女仕切りの焼き肉会が何度も行われて、押尾さんとの食の絆も深くなっていった。

 実は元をたどると、そもそも彼とはギターの師匠が一緒で僕が兄弟子なのだ。僕は24歳でデビューしたものの、自分のギターテクニックが不甲斐なく、関西フォークの重鎮でおられる中川イサトさんのギター教室の門を叩いた。

 半年ほど通ってカッコいいブルースが弾けるようになったので、得意満面でコンサートで披露したのだが、反応はイマイチだった。自分にはギターテクニックは求められていないのだと気付き、イサトさんを携えてツアーに出ることにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る