嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

まるでシェフのサファリパーク「食べログアワード」の熱量

公開日: 更新日:

 食べログがスタートして15年。食の選択に欠かせないツールとして愛用させてもらっている。初めてうかがう店の予習もできるし、地方に出向いた時などはその土地の店がランキングで出てくるのもありがたく、ガイドブックで当たりをつけたりしていた時代が懐かしい。

 3年前にグルメ著名人に登録してもらえませんかと依頼された。ネーミングは面はゆいが、僕自身は2006年からブログに食の記事を書いている旨を伝えると、過去に記した食に関するブログのデータをすべて移行し集計してくれるというので引き受けた。多少時間はかかったが、ついに食べログ上に食カレンダーとして過去十数年間、どこで何を食べたかがわかる一目瞭然のデータベースがアップされた。

 実に優れもので、訪れた店は1100軒に上り、コメントは2500回を超えた。一番コメント数が多いのは目黒の鳥しきで10年に初訪問してから82回記している。最初にうかがった時から、回を重ねるにつれ、お店に対する知識が深くなってゆくその様子は我ながら興味深い。鶏の産地、味付けや炭のことだけでなく、ご主人の生きざまも含めて理解度が増してゆくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る