新型コロナで生理用品不足も問題なし…快適最新グッズは?

公開日: 更新日:

 2月末、スーパーやドラッグストアでため息をつく女性の姿が全国で見られた。トイレットペーパー同様、生理用ナプキンが買い占められ、品薄状態になったからだ。

 ネット上のデマが原因で供給が止まることはないと早々に明らかになったが、大変な思いをした女性も多いはずだ。

 生理用品は災害時、緊急時でも欠かすことができない消耗品のひとつ。防災グッズに入れておくことが呼びかけられているが、「使用量には個人差がある。避難生活や供給されない状態が長期に及ぶ可能性を考えると、十分といえる量を個人が用意するにも限界があるのでは」と指摘するのは、女性の性の健康事情に詳しいライターの三浦ゆえさん。

 実際、2016年の熊本地震の際、避難所で、個包装の紙ナプキンが1人につき1個支給されたが、これではとうてい足りない。生理の実態を分かっていない対応に、非難の声が殺到した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る