【菜の花のナムル】時短レシピは旬の野菜を使って栄養満点

公開日: 更新日:

くだん(兵庫・六甲)

 昨年2月、店のオープンにあたり、「焼き肉店」でありながら季節感を味わってもらいたいと考えたメニューが、旬の野菜を使ったナムルだ。

 この時季は、春の訪れを感じさせてくれる「菜の花」を使う。「ナムル」と聞くと、モヤシやホウレンソウ、ゼンマイなどをごま油で和えたものを思い浮かべるが、「くだん流」はちょっと違う。「菜の花」や「アボカド」「トマト」などで季節感を出す。

「アボカドは菜の花の倍の量の中華だしとヒタヒタになるくらいのゴマ油を使ってください。ショウガは入れません。翌日の方が味が染み込んでおいしくなります。トマトはショウガの代わりにすりおろしたニンニクを入れると、味が引き立ちます」

 地味なイメージのナムルだが、器に菜の花とアボカド、トマトを盛り付けるだけで豪華に見える。季節に応じて、ワカメやみょうが、春菊、エノキを使うことも。時短レシピで栄養価の高い野菜をたくさん食べることができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  3. 3

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る