【黒毛和牛のタンスモーク】専用の道具は必要なし

公開日: 更新日:

くだん(兵庫・六甲)

 店には「和牛のアテ2種」というメニューがあるくらい、酒を飲むための一品だ。

 長さ50センチほどのタンの先っぽ部分は硬くて、煮込みに使うぐらいしかない。煮込むより酒がススム料理はないか――。そこで思いついたのがスモークだった。

「薫製の香りと手軽に頼んでもらいやすいことから、前菜にピッタリと思いました」

 生卵が浮くぐらい、濃度10%の塩水にタンを浸し、2日間放置。3日目に1%の塩水に漬け直し、もう1日寝かせる。4日目に水から取り出し、冷蔵庫で1日乾かす。5日目、ひとつかみの桜チップを中華鍋に入れ、火にかける。専用の道具は必要ない。

「10%の塩水は細菌の繁殖を抑えるためで、その後、1%の水に入れ替えるのは、塩辛さを取る塩抜きです。桜チップの煙が出始めたら、サイズが合う網を置き、その上に乾燥させた牛タンをのせ、煙がモクモクし始めたら、ボウルで蓋をして隙間から煙が出る程度で弱火で6分、火にかけます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る