巣ごもり生活で鬱々 長丁場乗り切るカギは母親のメンタル

公開日: 更新日:

「小学生の子ども2人は割とのんきに部屋で遊んでいるんですが、妻の方がピリピリしちゃって」

 そう言ってため息をつくのは、IT関連企業に勤めるAさん(45)。都心のマンションに住んでいるが、3月から始まった一斉休校で、家族4人の“巣ごもり生活”を余儀なくされている。

「子どもたちを近所の公園で遊ばせるぐらいなら大丈夫だろうと思うんですが、妻は『(新型コロナウイルスに)感染したらどうするの!』とヒステリー気味。近所のスーパーに買い物に出かけるのも、もっぱら私ひとりの役目で、妻と子どもはほぼ引きこもり状態なんです」とAさん。

 子どもたちも今は休校に大ハシャギらしいが、長丁場になるだけに……妻のストレスがいつ爆発するか、Aさんは気が気じゃないという。

「子どもは、親が考えている以上に親の顔色をよく見ているもので、母親がイライラすれば、もちろん子どもにも伝わります。ただ、母子の愛着関係、要するに安定的な信頼関係が形成されていれば、子どももそれほど過剰には反応しません」と話すのは、公認心理師の潮英子氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る