【瀬戸内天然真鯛と西条産グリーンアスパラ“緑のささやき”のミラノ風カツレツ】

公開日: 更新日:

ドメニカ・ドーロ(東京・南青山)

 ミラノ風カツレツはパン粉が違う。サクッと軽い食感で、口の中はパサつかない。

「日本は生パン粉を使用するので、分厚い仕上がりになる。一方、ソフトパン粉の衣はきめ細かいので薄い。それでいて香ばしさもありますね」(岩本シェフ)

 テフロン加工のフライパンなら、くっつくことなく炒ることができる。仕上げはフードプロセッサーを使わなくても、手で揉んで粗く仕上げてもいい。大量に作っておけば冷凍庫で保管もできるから便利だ。

「溶き卵に粉チーズを合わせることでコクも出ます」(岩本シェフ)

 お店で出してもらった真鯛のカツレツはふんわりとした白身と衣の香ばしさがやみつきになる。

 もちろん、魚はスーパーなどで購入できるカジキやブリの切り身でも十分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る