【自家製コンビーフ】ほのかに香るハーブと香味野菜の味わい

公開日: 更新日:

くだん(兵庫・六甲)

 お父さんの大好きなコンビーフを自宅で作る。

「日々、お客さんにいろいろな部位の肉を提供していると、どうしても端っこの肉や使いにくい部分が出てしまいます。そこで考えたのが、自家製コンビーフです。これも前回ご紹介したタンスモークと一緒で手間はかからず、時間さえかければ勝手に出来上がってしまいます」

 食べた客は異口同音に、「思っていたコンビーフと違う」と絶賛する。

 一番の味の特徴は、ほのかに香るハーブと香味野菜の味わい。脂っぽさはなく、サッパリしていて食感は柔らかく、どちらかといえばビーフジャーキーに近く後味がまたいい。

「理想は赤身ですが、材料となる肉は何でも構いません。冷凍しっ放しの肉なんかを有効活用できます。玉ネギ、ニンジン、パセリ、セロリといった野菜室の隅っこにある野菜を使ってください。お好みの硬さ、ホロホロ具合になるといい感じに仕上がり、煮込むのでスジも気にならなくなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る