慣れない長期在宅勤務で大混乱…テレワークの不幸と幸せ

公開日: 更新日:

 コロナウイルス禍で学校は休校、大企業はテレワークと大混乱。街行く人々は半減し、通勤電車も普段よりすいている。感染拡大が収まり、一日も早い終息を願うばかりだ。在宅勤務でサラリーマンが羽を伸ばせるかというと、そうでもない。慣れない環境での仕事に苦労している人は少なくない。外出できない企業などはストレスもたまるだろう。運動不足で体重が増える社員も多いかもしれない。テレワークは今月いっぱい続きそうで、さまざまな声が上がり始めている――。

■残業代が減り3月は金欠のサラリーマンが続出

「テレワークのせいで外回りの“営業手当”は全額カット。残業代もほぼゼロで、給料は5万~7万円は少ないはず。来月の生活費が心配です」

 タメ息交じりにボヤくのは、飲料系の営業マンS君(30)。賃貸のワンルームマンションに一人暮らしで、2月下旬からテレワーク中。「今月は食費も光熱費も普段よりかかって出費が多いはず」と、肩を落とす。

 人事制度に詳しいジャーナリストの溝上憲文氏の試算によると、「30歳のSさんの残業時間が1カ月30時間だとします。この年齢の時間給は2500円。ですから7万5000円分の残業代が減る計算です」という。

 手取り月収が減るわけだから、独身とはいえ、大きな痛手に違いない。3月は金欠社員が続出する可能性大か。

■家で隠れ残業の日々疲労が蓄積して…

 在宅勤務は基本的に9時から17時まで。これで仕事が終わればいいが、現実はそうはいかない。とはいえ、自分から「これから残業します」とは言い出しにくいだろう。

「終業を会社に報告後、再びパソコンを開く人も多いと思います。実際、“会社に見えない長時間労働”になる可能性が指摘されています。残業代が出ないのは当然ですが、仕事にメリハリがつかず、夜遅くまで引きずることが問題。あるIT系の会社では、体調を崩した社員がいるそうです」(溝上憲文氏)

 社員が倒れでもしたら、会社が労働時間の管理を把握してないも同然。妻の証言があったりすると、過労死認定に関わってくる。一大事だ。

■成果を求められる社員たちはこっそり取引先へ

 在宅ワークとはいえ、人事評価は下される。例えば、営業系。3月決算を前に、ボ~ッとしてはいられない時期だ。

「多くの企業が半期ごとに評価を出します。3月は決算期で、設定目標を達成できたかどうかで夏のボーナスに影響します。メールやスカイプで取引先と商談することはできますが、ここ一番で成果を出すには直談判が効果的。自宅を拠点にして取引先に出向く社員は多いと思いますよ」(溝上憲文氏)

 この時期、採用担当者も忙しい。ウェブ面接をガンガンこなして優秀な人材を探している。自分が面接した学生が来てくれるかどうか。キチンと内定を出すまで、のんびりはできない。その成果が問われるからだ。

■孤独感増幅「俺がいなくても仕事は回る」

 総務省によると、テレワークの実施企業は19・1%に上る。もっとも、これは介護や育児目的で月に1日とか、週に1日実施した数字に過ぎない。今回のように数週間に及ぶ長期的な在宅ワークは、実質、ほとんどの人が初体験だろう。

「そこで問題になるのが孤独感との闘いです。日本の会社はプレゼンも資料作りもチームで動きます。互いに顔を合わせ、進捗状況を確認しながら進行しますが、テレワークだと、どうしてもコミュニケーション不足に陥りがち。そして孤独感に襲われるのです。あるIT企業では、1週間ぶりに出勤した社員が、“オレがいなくても仕事が回る”“知らないところで仕事が進んでいる”と早合点。期待されてないと思い込み、本当に転職してしまったケースがありました。20代後半の社員でしたが、テレワークが長期化するほどこうしたリスクは高くなると思います」(溝上憲文氏)

 4月あたりにひとつの部署から転職連鎖が起きては、上司のクビまで飛びかねない!?

■有休消化で会社はニコニコ、社員は…

 先日、乗り合わせたタクシーの運転手は、「今月は流していても街にお客さんがいない。ウチの会社は社員に交代で有給休暇を消化させていますよ」と言っていた。

 この有給休暇、テレワーク中の社員に半強制的に取らせる会社が出てきたらしい。

「会社にとっては、“この機に乗じて休ませてしまおう”との計算があるはず。実は昨年の4月から、“管理職でも年間5日は有給休暇を消化する”ことが法律で義務付けられました。1人取らないと30万円以下の罰金。つまり、この機会に有休を取ってもらえば、会社は法律もクリアできるというわけです」(溝上憲文氏)

 いま、休んだところで旅行に出ることもままならない。一部社員から反発が出ているのも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る