小学校で新学習指導要領 学習費オーバーで地獄見る家庭も

公開日: 更新日:

 2020年の教育改革について聞いたことがある人も多いだろう。20年度は小学校、21年度は中学校、22年度からは高校で、新しい学習指導要領に沿った授業が始まる。

 特に小学校では、小学校5・6年で英語(外国語)が教科に入り、「プログラミング教育」も始まる。新しい教育が始まるとなれば、それに合わせた学習を取り入れた方がよいと考える親も多い。しかし、それによって“地獄”を見る家庭も増えるのでは、というのは、自身も3人の子供を持つ家計簿&家計管理アドバイザーのあきさんだ。

 最近受けた相談はこういうものだ。50代半ばの夫婦と高校3年生の3人の家庭で、妻は専業主婦。子供が小さい頃から、教育にかけるお金は惜しまなかった。おかげで子供は有名私立中学、高校と順調に進学し、日本でもトップレベルの大学も合格圏内と担任から太鼓判を押されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る