小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<21>名刺交換は笑顔と「3秒の感謝ワード」で心をつかむ

公開日: 更新日:

 平日夜の討論番組「深層NEWS」の司会進行役だった3年半は、コミュニケーション力をかなり鍛えられました。その日のテーマに応じて、政財界の大物や作家、医師、スポーツ選手など幅広い分野から延べ1500人超のゲストを番組にお招きしました。そのほとんどが初対面の方で、番組は撮り直しの利かない生放送。司会者として「いかに初対面の人の懐に入れるか」が試されたのです。

 しかも、スケジュールは分刻みでした。控室にゲストが入られるのは放送の30分ほど前。その場で顔合わせをして名刺交換し、スタッフと一緒に15分ほど進行を説明します。短いやりとりですが、何しろ初めてお会いするのですから、この時に話し方のクセや特徴、緊張の度合いも確認しました。これが済むとすぐスタジオへ移動し、マイクをつけて着席します。

 テレビに出るのが初めてで緊張している人、シャイな人、気難しい人……ゲストにはいろんな方がいらっしゃいます。けれど、「気持ち良く話してくれたのが、番組終了間際だった」というのでは司会者としては失格。名刺交換から本番に入るまでの間は、どうしたらゲストの不安や緊張をほぐし、場を温められるかに心を砕きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る