小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<21>名刺交換は笑顔と「3秒の感謝ワード」で心をつかむ

公開日: 更新日:

 平日夜の討論番組「深層NEWS」の司会進行役だった3年半は、コミュニケーション力をかなり鍛えられました。その日のテーマに応じて、政財界の大物や作家、医師、スポーツ選手など幅広い分野から延べ1500人超のゲストを番組にお招きしました。そのほとんどが初対面の方で、番組は撮り直しの利かない生放送。司会者として「いかに初対面の人の懐に入れるか」が試されたのです。

 しかも、スケジュールは分刻みでした。控室にゲストが入られるのは放送の30分ほど前。その場で顔合わせをして名刺交換し、スタッフと一緒に15分ほど進行を説明します。短いやりとりですが、何しろ初めてお会いするのですから、この時に話し方のクセや特徴、緊張の度合いも確認しました。これが済むとすぐスタジオへ移動し、マイクをつけて着席します。

 テレビに出るのが初めてで緊張している人、シャイな人、気難しい人……ゲストにはいろんな方がいらっしゃいます。けれど、「気持ち良く話してくれたのが、番組終了間際だった」というのでは司会者としては失格。名刺交換から本番に入るまでの間は、どうしたらゲストの不安や緊張をほぐし、場を温められるかに心を砕きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る