児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国ウオッチャー

韓流エンタメ誌やガイドブックの企画・取材・執筆を行う韓国ウオッチャー。韓国映画のほか、日韓関係についてのコラムも新聞やウェブサイトに多数、寄稿している。

韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

公開日: 更新日:

 現在に至るまで日本は重症患者数が少ないと報道されている。それなのに韓国や台湾と比べ、なぜ日本だけこれほど死者が増えたのか。

 この展開を予想していた韓国人は少なくない。新種のウイルスに正解の対策はないが、韓国ではコロナを封じ込めた経験から、徹底した「検査」と「隔離」で大規模な感染拡大を潰せると知ったのだ。感染者が増えれば、病院や政府の施設以外にも財閥の施設や寮に収容すればいい。韓国の“K防疫”は極めて単純だ。そして今、韓国の経済は動いている。

 日本はそれをしてこなかった。PCR検査数も専門家の意見が分かれ、賛成派と反対派がいたが、「検査数を2万件にする」と豪語したのは他の誰でもない。日本の総理大臣だ。それでも検査数は韓国よりも少ないまま。そのため日本の感染者数を疑う声が多かった。

「これで人が動き出したら日本はとんでもないことになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  10. 10

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

もっと見る