神保町の古本屋街巡りのシメに喫茶店 本日の獲物を広げる

公開日: 更新日:

 東京に出てきた時はすでに平成になっていたが、古本屋はまだ健在であり、その聖地はむろん“神保町”であった。

 貧乏な映画好き青年のお目当ては、「矢口書店」で映画本の掘り出し物を探すこと。それからウン十年。古書はメルカリで探すのが当たり前の時代に。古本屋にもしばらく行ってない。というわけで平日の昼すぎ、訪ねてみた。

 地下鉄神保町駅を岩波ホールのあるビルから出て、交差点から靖国通りを九段下方面に向かう。古書店がズラリと並ぶ光景は昔ながらで一安心。だが一番手前、確か岩波ブックセンターだった店が「神保町ブックセンター」と名を変えていた。店構えはなんとなく似ているが、店内にカフェが。これが今のはやりらしい。しかし、どうも売り物の本に囲まれてお茶を飲む気にはなれん。

 我が青春の「矢口書店」は建物も古いまま健在。実際に撮影に使われた古いシナリオもある。何げなく1冊抜き出す。シャープ火曜劇場? 昭和37年7月放送って、俺が生まれる10年も前だ。当時は手書きのガリ版刷りだったんだな。

 その並びの「澤口書店」には昭和の古マンガ雑誌がずらり。昭和36年の「週刊少年マガジン」は全51冊セットで、きゅ、90万円! 誰が買うんだ。バラ売りは巨人の長嶋が表紙の「少年キング」(昭和41年発売)が1冊5000円。高いなあ。昭和46年発売だと1000円。これなら手が出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    スガ政策はスカスカだ 国会で野党が追及すべき3つの問題

もっと見る