なぜ東京・立川…コロナ疲れを癒やす絶景リゾートの集客力

公開日: 更新日:

 1室5万円前後という決してリーズナブルではない値段にもかかわらず、リゾート気分を味わいに東京都内から客が集まるホテルがある。それが「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」。場所はどこかというと、東京・立川駅から徒歩8分。

 立川市は人口約18万人(2019年1月1日現在)、都心から電車で30分ほどの土地だ。JR立川駅は、「特急はちおうじ」「成田エクスプレス」「通勤特快」など全ての電車が止まる大きい駅で、駅前には飲み屋街が広がる。ブロッコリーや東京うどの生産量は都内1位でもある。

 立川市に抱くイメージはさまざまだろうが、「リゾート」という感覚を抱いている人は少ないのではないか。

「今まで立川になかったものをつくろう、ということでソラノホテルができました」

 こう話すのは、ソラノホテルの広報担当者。その最たるものが、昭和記念公園と富士山を一望できる、最上階のインフィニティープール。インフィニティープールとは、手すりなどの視界を遮るものがなく、目の前の景色とつながっているように思えるプール。水面がプールの縁と同じ高さにあり、ソラノホテルの場合、まるで大空を浮遊しているような感覚が味わえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る