ネアンデルタール人の遺伝子でコロナ重症化リスクが3倍に

公開日: 更新日:

 コロナにかかると重症化しやすい遺伝子が解明された。

 進化遺伝学の世界的権威スバンテ・ペーボ教授(マックス・プランク進化人類学研究所=ドイツ)らが論文を発表した。今年7月から注目されていた研究で、先月30日に英科学誌「ネイチャー」に正式に掲載された。

 もともとコロナの重症化に関連する遺伝子の存在は、新型コロナの遺伝研究に特化した国際プロジェクト「The COVID-19 Host Genetics Initiative」が報告していた。同プロジェクトは、科学研究や各国の施策に役立ててもらうことを目的に、データの共有や分析を行っている。

 ペーボ教授らは、同プロジェクトによる報告をもとに研究を進め、コロナにかかった約3200人の入院患者を対象とした調査を行った。その結果、呼吸不全を引き起こすリスクを持つ遺伝子は、古代の旧人類であるネアンデルタール人から引き継がれた遺伝子だと判明した。この遺伝子を持っていると、重症化する可能性が約3倍になるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る