厚労省が要請 インフル予防接種“高齢者優先”に現場ソッポ

公開日: 更新日:

 いよいよ10月1日、インフルエンザの予防接種が始まる。新型コロナとインフルの同時流行が懸念される初めての冬だ。厚労省は、「より必要とされている方に、確実に届くように」と高齢者を優先する接種時期を定め、国民に呼び掛けた。ところが、現場は政府の「お願い」にまったく従っていないのが実態だ。

 今年は、日本の人口の半数にあたる約6300万人分のインフルワクチンが出回る。例年と違うのは、高熱や倦怠感が続く症状が出てもインフルと新型コロナの見分けがつきにくいこと。本人や家族、医療現場の混乱は目に見えており、これまで予防接種をしてこなかった人も今年は受けるだろうと予想されている。

 そんな中、厚労省は2段階の接種時期を設けた。10月1日からは65歳以上の高齢者を優先し、それ以外の人は同月26日以降に受けるよう要請している。医療従事者や基礎疾患のある人も26日まで待ってほしいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る