はたあきひろ
著者のコラム一覧
はたあきひろ園芸研究家(NHKテレビ講師)

兵庫県西宮市出身。6年前、大手住宅メーカー研究員を卒業し園芸研究家になる。著書に「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」ほか。妻と子ども3人で自給生活中。52歳。

100円の丸形プランターで育てる リーフレタスは秋が最適

公開日: 更新日:

 街を歩いていると、どこからともなくキンモクセイのいい香り。この時期、植え付けのおすすめはリーフレタスです。

 これはいわゆるまん丸にはならないんですが、苗を植え付け後2~3週間後で収穫できてしまうんです! リーフレタスの代表格はサニーレタスですが、最近では緑色の品種や葉の切れ込みが多いもの、縮れたものなどバリエーションが豊かです。

 また、玉レタスに比べ、やや葉が柔らかいですが、品種改良されパリパリ食感のものもあります。レタスはキク科の仲間で新鮮な葉をちぎると、同じ科のタンポポと同じ真っ白い液が出ます。この液は苦いんですが、ポリフェノールの一種である成分を含みます。レタスの語源はラテン語で「牛乳」の意味で、和名のチシャも「乳草」の略ともいわれています。

 リーフレタスは、100円ショップのプランターで十分育てることができます。しかも何度でも、繰り返し収穫できるありがたい野菜です。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る