不倫処分の瀬戸大也 それでも止まぬバッシングの深層心理

公開日: 更新日:

 世間を騒がせた“メドレー不倫”で、年内の活動停止処分を食らった競泳の瀬戸大也(26)。

「公式大会や強化合宿、海外遠征には参加できませんが、そもそもそんなに大会もありませんし、個人で練習はできる。世間を納得させつつ、おとなしく練習だけさせて、五輪のメダルの可能性までは潰さない。重いとも軽いとも言いにくい処分ですね」(スポーツ紙担当記者)

 とはいえ、瀬戸の醜聞は米国の高級紙ワシントン・ポストにまで報じられるなど、世界中に知れ渡ってしまった。不倫は許されないが、散々バッシングされ、瀬戸はすでに、それなりの社会的制裁を受けているといってもいい。瀬戸の妻まで頭を下げているのに、ネット上ではいまだに、執拗な“口撃”が繰り返されている。

「“大先輩”の北島康介が瀬戸に『戻ってこられるような場所をつくっておく』なんて言葉を伝えたという話にも、〈甘やかして、同じ過ちを繰り返すのが目に見える〉なんてツッコミが入る。社会的に抹殺しないと気が済まないんですかねえ」(前出のスポーツ紙担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る