花粉症患者は3割超 なぜスギの木は一向に減らないのか?

公開日: 更新日:

 鼻づまり、目のかゆみなど、今年も不快症状に悩まされるつらい季節がやってきた。早くも花粉の飛散が始まり、鼻がムズムズしている人も少なくないが、スギ花粉の飛散は3月上旬から本格的に増えていき中旬にはピークを迎える。それと入れ替わるように、ヒノキ花粉の飛散が3月中旬から始まり4月下旬ごろまで続く。

■国土の19%を占めている

 今年の飛散量は、北陸、東海、四国が例年の2倍以上、関東甲信越などでも前年より多いと予測されている。花粉症患者は日本人全体で3~4割程度いるといわれ、東京都内だけで5割近い人が花粉症にかかっている(東京都健康安全研究センター「花粉症一口メモ 平成30年度版」から)。

 仕事の能率の低下、睡眠の妨げなど、社会問題化してからだいぶ時間が経過している。花粉症による労働力低下が及ぼす経済損失額は、1日あたり2215億円と試算されている(パナソニック「社会人の花粉症に関する調査」から)。国はスギやヒノキから出される花粉を抑える努力をしているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景