児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

安価で身を売る“バッカスおばさん”に見る「高齢者の貧困」

公開日: 更新日:

 人間の性欲は何歳まで続くのだろうか? 韓国の高齢者を見ていて考えたことがある。おそらく日本よりも韓国の老人のほうが性欲が強いのではないか。実際、韓国のシルバー世代はセックスに対する関心が高いと聞いた。個人差はあるだろうが、精がつくとされる滋養強壮食へのこだわりを見る限り、「精力=生きている証し」という強い思いが感じ取れる。

 ソウルにも幾つか有名な風俗街があった。サッカーW杯日韓大会のような国際的イベントでは外国人にも人気だったそうだ。ところが近年の再開発工事で撤去を余儀なくされ、昔ながらの風俗街は徐々に姿を消している。

 Netflixで人気の韓国ドラマ「梨泰院クラス」の舞台である梨泰院にも“ソウル最後の売春街”と呼ばれるストリートがある。梨泰院は若者や外国人が多く、日本でいう六本木のような街だ。路地裏に入ると、ピンク色のネオンに照らされたガラス窓が軒を連ねていた。まるでショーウインドーのようで、窓の奥では若い売春婦が下着姿で客引きをしている。梨泰院の一角にこうしたエリアがあるのが衝撃だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

もっと見る