柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

スマホのミニ株(単元未満株)が人気 数百円から投資可能

公開日: 更新日:

「仕事がなくなり、自宅にいることが多くなった。こうなったら株で稼ぐしかない。でも資金がないからポイントを貯めて“スマホ証券”でやっている」というのは、坂本勝也さん(仮名=42歳)です。

 アメリカでは個人投資家と投資ファンドの“対立”により、ファンドの保有する株が乱高下するなど、その動きが注視されています。日本でも個人投資家は頑張っています。坂本さんのようにスマホのアプリで、買い物後のおつりの数百円を投資するだけでなく、貯まったポイントで投資する人が増えています。

 スマホのアプリを利用して少額から投資できるのはLINE証券や日興フロッギー、マネックス証券のferci(フェルシー)、Tポイントが使えるSBIネオモバイル証券、大和証券グループのCONNECTがあります。

 一般的な株式投資は、たとえ個別銘柄が1株当たり1000円でも100株単位の取引が多いため、10万円ほどが必要となります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る