大塚家具“裏番長”の母・千代子氏が抱いた久美子氏への疑念

公開日: 更新日:

 2009年に大塚家具の社長となった大塚久美子氏。本来、なるはずのなかった久美子氏の社長就任は、インサイダー事件や後継者の出奔などさまざまな偶然が重なったことが大きかったが、それだけではない。決め手となったのは勝久氏の妻・千代子氏の賛同だ。それだけ千代子氏は影響力を持っていた。

「大塚家具の創業当時から勝久さんを支えたのが千代子さんです。表の顔が勝久さんなら、千代子さんは内側で会社を切り盛りした“裏番長”的な存在。両者は2人で一対なんです。創業の頃から社員の面倒を見たり、相談に乗ったりして社内をまとめてきました。勝久さんが安心して営業で外を回れたのも千代子さんがいたからです」(元幹部社員)

■娘の社長就任に最初は賛同したものの…

 それだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る