英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

公開日: 更新日:

 今日の仰天ニュースは一枚の写真がすべてを物語っている。

 英中部に位置するノースヨーク・ムーアズ国立公園は北海に面した自然豊かな景観が有名だ。海岸線は高さ約200メートルの断崖絶壁になっており、危険地域である。

 その絶壁の縁にテントを張った親子がいた。最近、近くで崖崩れが起きたこともあり、安全な場所とは言えない。上空からテントを発見した人が沿岸警備隊に通報すると同時に、写真がネット上に公開された。すると英サン紙は「脳死状態の夫婦は糾弾されるべき」と厳しい論調で親子を批判。それに呼応するように、読者からも鋭いコメントが寄せられた。

「子どもを巻き添えにする可能性があった。厳しい罰を受けるべき」

「沿岸警備隊の貴重な時間を使わせた」

「信じがたい行為。本当に脳死しているとしか思えない」

 ちなみに名前は公開されていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る